安心便利なキャッシングで借入しよう

安心便利なキャッシングで借入しよう

長い人生の中では、お金が不足することがよくあります。
急な飲み会の誘い、冠婚葬祭、出費が重なり手元のお金が足りなくなることがあるでしょう。
そのような場合には、なんとかしてお金を借りる方法を考えなくてはいけません。

親や兄弟・友人などに頼るのも立派な借入手段です。
お金が必要な理由をきちんと説明することで、相手の理解を得ることも可能でしょう。
しかし、理解を得ることができなければ、急な出費には間に合わないかもしれません。

そこで「カードローン」で借入する方法を考えてみましょう。
多くの会社が個人ローンの主力商品としてキャッシングを取り扱っています。
自分の都合に合わせた借り方ができますので、非常に便利な存在といえるでしょう。

「カードローン」とは、本来「小口の融資を受ける」という意味です。
基本的には、個人向け融資ですので、個人事業主などの事業資金としては利用できません。
小口とはいっても、数十万円単位から、商品によっては数千万円の借入も可能な場合もあります。

借入には、専用のカードを利用します。
審査に合格すれば、借入専用のカードが発行されます。
そのカードを用いてATMやCDで現金を引き出しすることで、借入を成立します。

カードローンには利用可能な「カードローン 限度額」が設定されます。
「借入限度額」の範囲内であれば、基本的にはいつでも自由に利用することができます。
一度借入限度額いっぱいまで利用しても、その後の返済により借入限度額に空き枠があれば、その空き枠はいつでも自由に利用することができるのです。
この「いつでも、自由に」というのがキャッシングの大きな特徴になっています。

○キャッシングとカードローンの違い

専用のカードを利用するローンとしては「カードローン」を思いつく方も多いでしょう。
厳密には「キャッシング」と「カードローン」は異なる性質を持っています。
「キャッシング」は一括返済が基本です。
借りたお金は、翌月に利息を合わせて一括で返済します。
一方「カードローン」は分割返済が基本です。
借りたお金は、毎月の返済日(約定日)時点の利息を合わせて分割で返済します。

ただし、現在ではこの違いが非常にあいまいになっています。
「キャッシング」と呼ばれる融資商品でも、分割返済で返済するようになっています。
これらの名称の違いを気にする必要はないといえるでしょう。
むしろ商品自体の特徴に注意していきたいものです。

○キャッシングとクレジットカードの違い

財布の中に、たくさんのクレジットカードを保有されている方も多いのではないでしょうか。
クレジットカードは、普段のショッピング代金などを後払いするためのカードです。
また公共料金の支払いなどを設定することができます。
つまりキャッシングのカードのように、現金そのものを借入することができません。

ただし最近のクレジットカードには、これらの「ショッピング枠」とは別に「キャッシング枠」が付与されているものが多くなっています。
この「キャッシング枠」を利用することで現金を借入することが可能になっています。
しかし一般的には通常のキャッシングに比較して、金利が高めに設定されていますので注意しましょう。

○キャッシングのメリット

①素早い借入が可能

キャッシングは基本的に無担保・無保証の個人融資です。
その分審査スピードも早く、非常に素早い借入が可能になっています。
日常の急なお金の不足では、非常にありがたい存在となるでしょう。

②気軽に利用できる

現在のキャッシングには、様々な申込方法が準備されています。
店頭窓口の他、インターネット、携帯電話、スマートフォン、無人契約機など様々な申込方法を選択できるようになっています。
自分の都合に合わせて気軽に利用することができます。

また借入方法も多彩です。
ATMやCDもコンビニやスーパーなどの提携先に設置されている機械を利用できます。
インターネットや電話などでは、融資金を指定した金融機関の口座に振り込むことも可能になっています。
わざわざATMなどに出向く必要がありませんので、状況次第では非常に便利に活用できるでしょう。

③無利息で借りることも可能

キャッシングで借入するのに、一番気になるのが金利でしょう。
しかし消費者金融のキャッシングなどでは、無利息サービスが準備されているものもあります。
ほとんどが初回利用者に限定していますが、金利0で借入できるインパクトは非常に大きなものがあります。

「後数日まてば給料が入ってくるのに、その間だけなんとかならないだろうか」
このような状況は誰にでもあるのではないでしょうか。
そんな場合には、ぜひ無利息サービスのキャッシングを利用してみましょう。

○キャッシングのデメリット

①審査に合格しなければならない

キャッシングは誰でも利用できるわけではありません。
取扱会社の審査に合格できて、初めてお金を借りることができます。
審査基準は各社により異なっていますので、実際に審査を受けてみなければ合格できるかどうかは分かりません。

最近では事前に簡易審査を受けるサービスが定着しています。
インターネットのホームページなどで必要項目を入力すると、ある程度借入可能かどうか瞬時に判断してくれます。
ただしあくまで目安ですので、確実に正式審査に合格できるとは限りませんので注意しましょう。

②金利負担がある

無利息キャッシングを除いて、キャッシングでお金を借りるには、金利負担を考慮しなくてはいけません。
一般的にキャッシングは、他の目的型ローン(住宅ローンや教育ローンなど)と比較すると金利が高めに設定されています。
その分返済負担も大きくなりますので、計画的に利用することが大切です。

③返済が長期化することも

金利負担と合わせて、キャッシングの返済方式にも十分考慮しなくてはいけません。
現在のキャッシングでは、多くの先で「残高スライドリボルビング支払い」という返済方式が導入されています。
毎月の借入残高に応じて、段階的に返済額がスライドしていく方式です。
毎月の返済金額自体は少なく抑えることができますが、その分返済が長期化することもあります。

○キャッシングで失敗しないために

①必要以上の借入をしない

キャッシングの利用は計画的に行わなくてはいけません。
それにはまず「必要以上の借入を行わない」ことが一番のポイントとなるでしょう。
キャッシングは非常に手軽にお金を借りることができる手段です。
その分、つい借り過ぎてしまうこともあるでしょう。

カードをATMなどに投入することで現金を引き出しできる。
このことを「自分の預金から現金を引き出し」するという錯覚に陥る場合もあります。
あくまで「借金」であることを心がけておきましょう。

②悪徳業者に騙されない

法律の整備や規制の強化により、悪徳な金融業者も数を減らしています。
しかしいつの時代でも、高い金利や強引な取り立てを行う「ヤミ金」は存在するものです。
「どうしても借りたい!」という消費者心理を巧みに利用してきます。

「無審査でお貸しします」「誰でも即融資可能!!」「ブラックでもOK!!」
このような過剰な宣伝を行っている業者には、決して近づかないようにしましょう。

キャッシングは、急なお金の不足に非常に手軽に利用できる手段です。
計画的な利用を心がけるとともに、キャッシングに関する知識を身につけ、安心して活用するようにしましょう。